新入りの多肉系植物

ヤブコウジは相変わらずです

もちろん実もありません涙

f:id:rockn212:20171010002811j:image

 

今回ニューフェイスを二種お迎えしました

 

f:id:rockn212:20171010003007j:image

カランコエ

 

f:id:rockn212:20171010003037j:image

ミニベル

 

どちらも多肉系植物らしく、確かに葉がぷにっとしているタイプです

ミニベルは買いときすでに葉が傷んでいたのでちょっと整えました

 

f:id:rockn212:20171010003525j:image

ちょっと葉を取りすぎた気もしますが、傷みが多かったので…

 

カランコエは花が下に向いているタイプなので、遠くから見ると枯れているようにも見える…汗

 

多肉系植物は葉に触れると良くないそうです

水をやるのもカラカラになったと思ってから、2〜3日あとにいっきに与えるのが良いと

 

f:id:rockn212:20171010004019j:image

 

ちなみにカランコエには、亡くなってしまったヨトウムシが埋まっています(どこかに)

今日鉢植えに入れ替えたときにはどこにいるのか謎でしたがどこかに…いるかなと

 

本当はカランコエを買ったとき、ミニベルが今入っている器に入れたかったのですが、入らなかった(ガーン)

…ため、今日近くの花屋さんでミニベルを買ってきました

カランコエはまた別の近くの花屋さんで買いました

 

今日行った花屋さんにはミニベル以外にも少し種類があり、元気そうな個体もありましたが…悩んでちょっと傷んでいるコイツにしました

置いてあった多肉系植物はすべて350円というお買い得さでした

 

カランコエは大きさも大きさなので、800円ぐらいでした

夜になると電気などの光があるところには置かない方が花がつきやすい、と調べたら買いてあったので(もう花は付いていますが)夜になったら一応暗い場所に置いています

 

たまにヤブコウジはベランダに出しますが、ニューフェイスたちは室内でのみの予定

カランコエは日光が好きらしいので、なるべく日が当たるところに置きたいのですが、北向きの部屋的には一時的なものなのでいまいち…

 

話は変わりますが、来週末には蚕(かいこ)を迎えることにしました

まだ届いていないにも関わらず、蚕の二代目以降についての問題をどうしたら回避出来るのだろうかと考えるところまで私の中で進みました

やはり、同じ親から産まれた卵たちは育てない方がいいのだろうかと

別の蚕を取り入れても、完全に隔離してオスメスを振り分けないとなると大変そうだしそれをすることで回避できるのかも分からない…

まずはしっかりと育てるところから

寒い季節になるので温度管理や脱皮・繭化の見極めなども難しそう