10/12 追加公演 Zepp Tokyo

Zepp Tokyo 

DIR EN GREY

mode of Withering to death.

追加公演が終わりました

 

f:id:rockn212:20171013002813j:image

 

幸せという気持ちを噛み締めています

にやけてしまいます

 

mode ofシリーズラストでもあり

年内ラストでもありなライブ

楽しかったです!

ありがとうございました

井上さんも来ていたんだなあ

 

f:id:rockn212:20171013003146j:image

 

一階からの景色も素敵だった

京さんを呼ぶ声がいつもに増して凄かった!

私も京さんの名前をたくさん叫びました

 

ダブルアンコールも!嬉しかった

アンコールが終わってからダブルアンコールの声があがりはじめた時、思わずにやけました

京さんのうるっせーな、からのふっ、ていう笑みに加え、ツンデレな京さん

好きだなあ

DIR EN GREYコールも最後おこりました

 

噛み締めます

 

 

追記

この日はすごいいい天気で半袖でも暑いぐらいの気温。

仕事を強制的に切り上げ(早退)、会場に向かいました。

 

f:id:rockn212:20171015233733j:image

青海駅

前回来たときは近くでGLAYのフリーライブがやっていたんだっけ

駅を降りたときにティッシュをもらいました

 

f:id:rockn212:20171015234122j:image

物販、並んでます

列は長かったですが以外にスムーズでした

あと日が落ちて来たので日差しは全く気にならず

 

f:id:rockn212:20171015234529j:image

Zepp Tokyo のステッカーは観覧車という情報が流れて来たので記念にパシャりと

そうか、観覧車が確かに象徴的でもある…

思いつかなかったな

 

f:id:rockn212:20171015235057j:image

続く

新入りの多肉系植物

ヤブコウジは相変わらずです

もちろん実もありません涙

f:id:rockn212:20171010002811j:image

 

今回ニューフェイスを二種お迎えしました

 

f:id:rockn212:20171010003007j:image

カランコエ

 

f:id:rockn212:20171010003037j:image

ミニベル

 

どちらも多肉系植物らしく、確かに葉がぷにっとしているタイプです

ミニベルは買いときすでに葉が傷んでいたのでちょっと整えました

 

f:id:rockn212:20171010003525j:image

ちょっと葉を取りすぎた気もしますが、傷みが多かったので…

 

カランコエは花が下に向いているタイプなので、遠くから見ると枯れているようにも見える…汗

 

多肉系植物は葉に触れると良くないそうです

水をやるのもカラカラになったと思ってから、2〜3日あとにいっきに与えるのが良いと

 

f:id:rockn212:20171010004019j:image

 

ちなみにカランコエには、亡くなってしまったヨトウムシが埋まっています(どこかに)

今日鉢植えに入れ替えたときにはどこにいるのか謎でしたがどこかに…いるかなと

 

本当はカランコエを買ったとき、ミニベルが今入っている器に入れたかったのですが、入らなかった(ガーン)

…ため、今日近くの花屋さんでミニベルを買ってきました

カランコエはまた別の近くの花屋さんで買いました

 

今日行った花屋さんにはミニベル以外にも少し種類があり、元気そうな個体もありましたが…悩んでちょっと傷んでいるコイツにしました

置いてあった多肉系植物はすべて350円というお買い得さでした

 

カランコエは大きさも大きさなので、800円ぐらいでした

夜になると電気などの光があるところには置かない方が花がつきやすい、と調べたら買いてあったので(もう花は付いていますが)夜になったら一応暗い場所に置いています

 

たまにヤブコウジはベランダに出しますが、ニューフェイスたちは室内でのみの予定

カランコエは日光が好きらしいので、なるべく日が当たるところに置きたいのですが、北向きの部屋的には一時的なものなのでいまいち…

 

話は変わりますが、来週末には蚕(かいこ)を迎えることにしました

まだ届いていないにも関わらず、蚕の二代目以降についての問題をどうしたら回避出来るのだろうかと考えるところまで私の中で進みました

やはり、同じ親から産まれた卵たちは育てない方がいいのだろうかと

別の蚕を取り入れても、完全に隔離してオスメスを振り分けないとなると大変そうだしそれをすることで回避できるのかも分からない…

まずはしっかりと育てるところから

寒い季節になるので温度管理や脱皮・繭化の見極めなども難しそう

10/3 新木場一日目

DIR EN GREY

mode of Withering to death.

10/3 新木場一日目

ライブが終わりました

 

f:id:rockn212:20171003214419j:image

f:id:rockn212:20171003214439j:image

 

記憶がどんどん飛んでいってしまいますが、楽しかったです

初めてのバルコニーからの眺めもよかった

めちゃくちゃ手が見えてうごめいていました

二階の醍醐味というやつでしょうか

一階スタンディングフロアは満遍なくつまっていて、開演の少し前に押しがありさらに密度がアップ

左右から流れるだけでなく渦めいていた

 

この日はMerciless Cultはじまり

開演前の音楽はStone Sourだけ分かりました

Botherが流れていました

 

アンコール終了後では

京さんがセンターに水をばばばばっとかけて、しゅしゅしゅっと去っていき

薫さんが下手から上手にひょっこひょっこと歩いてきて(そう見えた)いたり、Dieさんが確かお立ち台あたりで水をぴゅ〜〜っと綺麗な放物線を描くように吹いたり

…などなど

 

下手、上手それぞれバルコニーには20人ぐらい?かな

バルコニーに向かう際、たどり着いたのがガラス張りの一室で着いた瞬間、え、ってなりましたがドアから外に出ることができました

よかった…

 

アンコールが始まったときにようやく薫さんのニューギターの存在を思い出しました

…が、なかなか見えなかった…

どこで登場しただろう

SUSTAIN THE UNTRUTHが黒っぽくも見えたがやはり見えず

 

後ろー!と京さんがたくさん煽ってくれたのが嬉しかったな

 

dead treeがはじまるときの京さんの狂気なる叫びがとてもマッチしていた

1回目のサビあたりだっただろうか

一階フロアを照らす照明とお立ち台でうたう京さんの光景が最高に美しかった

 

ぎゅうぎゅうにつまった新木場の手が映る景色はとても圧倒されるもので

愛しいという感情に近いような気がします

 

そうだ

京さんのルンルンステップが可愛かった

どの曲だっただろう

 

f:id:rockn212:20171006233806j:image

てるてる君、ようやく買えました

受注効果でしょうか

10/3はライトグリーンと黒セット

思っていたより小ぶりで可愛いです

 

ステッカーのあたりてるてるはなかなか出ないなあ、と…

新木場は雷門

食べものではなかった

東京の食べ物…もんじゃ…?表現が難しそう

追加公演Zepp Tokyoは何だろう

東京タワーかな

でも別パターンかもしれない

 

10/12 Zepp Tokyoももうすぐ

なんとなく雰囲気が好きな会場です

楽しみです

9/2 - 9/3 京都観光メモ

f:id:rockn212:20170904083933j:image

お昼過ぎに到着しました

新幹線で食べる用のお弁当を買いましたが、いまいちでした

いつも思いますが、早めに行って店内で食べた方がいいかな

お弁当にもよるが…

東京は朝雨でしたが、それもつかの間

京都についたら晴れていました

 

新幹線に乗るまでに急いでいたせいか

折り畳み傘のカバーとイヤフォンの片方のシリコンのところがいつの間にか飛んでいってしまっていました…

ちょっと大事な部分…片耳がフィットしないです

あと、いつもなんでカバーを落とすのだろうか、と雨の日の次の日に道端に落ちているカバーを見て疑問に思っていましたが、少し要因が分かったような

 

今回はバス一日乗車券を主に移動

京都市営バス

ホテルと会場が真逆?なので、京都駅を中心に移動しました

電車の方が確実に早いですが、安さと楽さを優先…しました

京都のバスは街中も見れるのでおすすめです

 

ホテルに到着後、京都駅に再度戻り会場に向かうバスに乗り換えます

もっといい方法ありそう…

ホテルはアーバンホテル京都

何回か利用していますが、前にきたときは電車で移動していました

駅から少し離れているため、始発はなかなか厄介です

朝は40分に1本なので、前に調べずに行ったときは焦りました

バスであれば、停留所が歩いて数歩の距離なので逃すことはない(寝坊しなければ)

今日4日の始発は6時21分でした

 

会場はロームシアター京都

京都駅からであれば、D1乗り場「岡崎公園美術館・平安神宮前」で下車する、100号

に乗っていくのがいいのかなと

 

アーバンホテル京都はC4乗り場「龍谷大学前」で下車するもの、南5、105号

 

日曜はまだ空いていましたが、土曜日の夜は会場から京都に行くバスは混み混みだったかな

 

一日目は会場のみ

二日目は10時過ぎにホテルを出て再び京都駅へ

京都でプレゼント用のブローチ探しを、と思い

桂駅へ

しかし、あまり好みのものがなく諦めました(早い)

 

そういえば、ホテルすぐ近くのパン屋さんが気になっていたので朝食をとりました

バスが見えたらバス停まで走っていける距離です

 

f:id:rockn212:20170904095636j:image

一個なんと100円!

他にもたくさん種類があり、全部食べてみたかったですがさすがに諦めました

安いし美味い

ベーコンエピはカリサクッとしてました

地元の人にも人気なのかいっぱいお客さんが出入りしていました

 

桂駅へは、C2乗り場「桂駅東口」下車で行けます

ただ、京阪京都交通になるので一日乗車券は使えません

 

せっかく来たので何処かないかな?と調べて見ましたが

桂離宮は定員制、苔寺は事前予約制

…ということで、松尾大社寄りの鈴虫寺

松尾大社駅下車後、徒歩約15分

ということで歩きました

バスも松尾大社駅から京都バス「苔寺・すず虫寺」があるようです

 

日が照ると暑いですが、影はそこそこ涼しい

 

f:id:rockn212:20170904093324j:image

静かでのどかです

サラサラ、と葉の音がします

 

f:id:rockn212:20170904093431j:image

山が近い

 

f:id:rockn212:20170904093456j:image

大量のトンボに遭遇しました

(見えるかな?)

鈴虫寺はもう目の前です

 

帰り道にもトンボに遭遇しました

一匹すごい近くに寄ってくるやつがいて可愛かったな

指には止まってくれませんでした

 

f:id:rockn212:20170904093625j:image

到着!

 

f:id:rockn212:20170904093822j:image

と、ともに並ぶスタイル、か

と並びました

3、40分程度待ったのかなと思います

お寺の敷地としてはやや小さいのかな

人数制限がかかっているようでした

お坊さんのお話がきける…?ザワザワ、と

 

靴をぬぎ、いざ入ります

部屋の中はひんやり

鈴虫の音色が一年中きけるとは…

な、なるほど

そういうことなのか、と納得しました

机に並んで座り、お寺の方のお話をききます

難しい話かな、どうしようと思っていましたが

全く想像していたものとは違い

面白い話が聞けました

ジョークを交えて鈴虫寺についてや鈴虫の生態、生き方について等々の話をきくことができました

話とフリが面白いなあ

楽しく聞けました

草鞋を履いたお地蔵さまにお願いをして後にしました

 

 f:id:rockn212:20170904100246j:image

そして石段すぐそばのお店の呼び込みにつかまりました

本当はもう一つの方のお店を狙っていました

お蕎麦と漬け物が美味しかったです

ご飯と蕎麦でダブル炭水化物

天ぷらがよかったのですが、温かい方とセットのみだったので断念

ただ、お腹の具合からして天ぷらは食べなくてよかった

 

帰り道のトンボロードを過ぎたとき、でっかいトンボにあいました

オニヤンマ?

写真には納めれなかった

トンボだらけだなあ

 

松尾大社にはいきませんでしたが

近くのお店の酒饅頭とよもぎ餅?だったかな…

を買いました

能面のお菓子が可愛かったのですが、品切れ状態でまだしばらくは入りそうにないそうです

あとはおはぎがおすすめだったので、今度行ったときは食べてみたい

 

松尾大社駅までは桂駅から阪急嵐山線

帰りも同様です

 

京都駅に戻りそのまま会場へ

グッズはてるてる君がまたまたソールドでした

今回はオレンジだったようです

 

f:id:rockn212:20170904103004j:image

朝の京都駅

曇りです

 

次に行くときはこそ

京さんが行った遊形サロン・ド・テ

へ行ってみたいと思います

9/3 ロームシアター京都二日目 走り書き偏

f:id:rockn212:20170903202328j:image

f:id:rockn212:20170903202318j:image

 

ロームシアター京都二日目

楽しかった!

出し尽くした

 

THE FINAL

その場の空気とファンの声

京さんの、もっと

が突き刺さり

感極まりました

 

目の前に広がる景色も

美しかった

 

帰り道では

ツインテール、という単語が

ところどころに聞こえてきます

 

薫さんのピックが飛んできたようで

周辺の人たちとワーワーと探したが

………消えた

誰かのカバンに入っていったかスキマに入っているのかも

飛んできたことだけでも嬉しいと

 

今日は首はそんないたくないかな、と思っていましたが

いざ始まるとあ、首いたい!でした笑

でも振ってると痛みがなくなります

 

昨日もありましたが

お立ち台から手拍子からパン、パン…とちょっと間をあけて手をたたく京さん

そのまま照れるように?はけていきました

 

Toshiyaさんがベースをベン!ベン!

と力強くたたいているのはいつだっただろうか

SUSTAIN THE UNTRUTH

だっただろうか…

Spilled Milk

だろうか

記憶がとびまくりです

 

ラストの詩踏み

やはりあの瞬間がとびきり格好いいな

今日はその間に京さんが足をぐぐぐぐぐっとしているのと

Shinyaさんが待たせに待たせてたたく瞬間を見ることができました

 

 明日は早起きするため

寝よう。

楽しかった、京都二日間

これから各地でWithering to deathが繰り広げられます

行かれる方は楽しみまくってきてください

私が次に行けるのは東京

それまで余韻に浸っていよう

 

9/2 ロームシアター京都一日目

mode of Withering to death.

本日、ロームシアター京都よりスタートしました

 今日は一日目

 

f:id:rockn212:20170903000548j:image

物販並び中

ちょっとギリギリになりましたが、物販は凄い列でした

てるてる君は買えませんでした

水色だったようです

夕方だったので影になっていたのは助かりました

 

ツアーの初日というのは久しぶりな気がします

そしてロームシアター京都は初めて来る会場です

4階まであるの凄い…

座席の前には丁度いい持ち手が

バルコニー席もあったようで

なるほど、あそこがバルコニーなのか

バルコニーは立ってはいけない?らしい?

 

一曲目

京さんがこの前にフフフとなった曲からスタート

飛び上がる気持ちです

 

最近はやはり照明が消える前に立つスタイルのようで、会場に流れている曲のボリュームがでかくなって始まります

SEも格好良かった!

 

f:id:rockn212:20170903000626j:image

今ツアーの看板

開演間近だったので急いで撮りました

 

京さんの髪の毛がピンクだったのも驚きました

ついこの前まで緑だった京さん

本編では白いシャツを

アンコールでは黄色のシャツを召していました

最後の方に気付いたのですが薫さんも髪の毛がシルバーにチェンジされていました

このツアーが終わる頃にはまた髪色が変わっていそうだな

…次は黒髪になっている、とか

 

鼓動

も久しぶりに聴けるかなと思っていましたが、この日に聴くことができました

じわじわ嬉しさがこみ上げる

出だしの照明がMVを思い起こしました

この曲も久しぶりに聴きました

 

悲劇は目蓋を下ろした優しき鬱

京さんの深い声が心地よかった

 

本編ラストは激しいナンバー
Beautiful Drit
Revelation of mankind
The inferno

 

アンコールのはじまりはなんと

G.D.S

楽しい…!

 

ラストの手間

京さんが何か言うのかなという素ぶり

と思いきや

別に言うことない

…と!

言ってるけど言ってないけど

言っている…!

 

f:id:rockn212:20170903163320j:image

f:id:rockn212:20170903163342j:image

f:id:rockn212:20170903163616j:image

ロームシアター京都

一日目

終演後

 

たくさんうたった

盛り上がりました、京都一日目

 

二日目も行ける喜び…

楽しみにしています

 

 

フライヤーでは色んな情報が盛りだくさん

今回のWithering to death.では追加公演!

Zepp Tokyo

 

フライヤーは入場時に受け取りましたが、見る時間がなかったため

帰り道でツイッターの方で続々の情報があることを知り、急いでフライヤーを見て驚いていました

え!こんな情報も!本当だ、ある!

というのを何度か繰り返していました

 

京さんの個展、ゼメキスの絵本、ADORATIO通常盤の発売、マダラニンゲンPOPUPストア開催…etc

そして、sukekiyoの公演!

嬲り地獄

二〇一八年一月

楽しみです

待ちに待ちます

楽しみが盛りだくさんです

 

驚きまくりでびっくりしたなあ

 

今日も物販は凄い列ですが、昨日よりは気持ち早めなため少しだけ余裕はありそうです

開場前以上、開演前未満

というよくわからないことを書いてみたり

 

ゴミ箱とバッテリー、トートバッグが人気なようです

そういえばグッズの紹介文がついたので、ちょっと読むとうん?と突っ込むところがあって面白い

ANDROGYNOSからもさらに時は経ち…

地味にかそこそこか体が痛い反面、少し嬉しさが込み上げます

この文面だけだとちょっと危ない人です

 

f:id:rockn212:20170709224036j:image

 

7/8土曜日は横浜アリーナ

に行ってきました

 

ANDROGYNOS

7/7-7/8 2DAYS

PIERROT / DIR EN GREY

 

f:id:rockn212:20170709231218j:image

f:id:rockn212:20170709224810j:image

 

とても格好よかった

心が感動しました

楽しかったな

 

さらには

愛すべきクソったれども、なんて

嬉しすぎるだろう‹‹(´ω` )/››

 

7/7は a view of the Megiddo

7/8は a view of the Acro

 

7/7はDIR EN GREYが先行、PIERROTが後続だったようで、7/8はその逆でした

 

f:id:rockn212:20170709230013j:image

刻印フランクとビール

をいただきました

暑い外でのビール、美味しく感じました

ビールといえばフランク、かなと

ガッツリかぶりついてしまって申し訳ない

しかしお腹の調子は京都に続いてイマイチでした…

 

すぐ近くのお店には…

f:id:rockn212:20170709230402j:image

まだお昼はやってないのかな?

よく分からなかったです

 

グッズはかなりスムーズに買うことができました

売り切れてしまうかな、と思っていたパンフも買うことができました

7/7のパンフも欲しかったのですが、各日限定なので諦めました

ちょっと変わったページ構成です

 

f:id:rockn212:20170711004138j:image

7/8 パンフレット

裏面はPIERROT

 

f:id:rockn212:20170709231153j:image

外は映像が映し出されていました

 

喉が渇いていたためか、ビールが急に回ってしまい一時スリープの状態に

ショッピングモールの椅子にてダウン(ごめんなさい)

酔いも覚めた後、どこか涼しい場所を探していましたがカフェはだいたいいっぱいです

ドーム?近くの公園の木陰にベンチがあったのでそこにおさまりました

そこそこ涼しくいい場所でした

 

開場時間をよくみると、15:30!思った以上に早い、ですがゆっくりめにいきました

 

会場に到着後、クロークへ

預けてしまったら手元に300円しか残らず。

自販機もお釣りがなく。

10円持っていけばよかったです

 

f:id:rockn212:20170716202837j:image

看板!

 

会場に入るとスモークスモーク

開演も迫っていました

入り口そばには立ち見?の人たちもいました

私は“立ち見”というのがよく分かっていなかったのですが、おそらく立ち見、かな

ステージの裏側にも人が座るのだろうか?と考えてしまっていましたが、そんなことはなかったようです

 

席に着き、開演を待ちます

アリーナA席(メギドの丘のある方)でしたが、DIR EN GREYのファンもいるようで一安心

うまい具合に混ざり合ってるのでしょうか

スタンディングの人たちは開場してからずっと立っているのだろうか

など考えているうちに照明が消え、開演

照明が消える前、音が流れてきたような…?あいまい

 

一斉に立ち上がります

先行、PIERROTです

初めて見るバンドです

 

最初の曲、聞き覚えがありました

TVの特集で流れたかな?

 

PIERROTのファンを“ピエラー”と呼ぶようです

たまに“ラー”というのを目にしていて、何故ラーなんだろうと疑問でしたが

ピエラーのラーなのでしょうか

京さんも“ピエラーさん”と呼んでいました

“ピエ、ラー…さん”

“ピエ…ラーさん”

 

 横浜アリーナの会場は広いせいか照明もドシンとしていました

 

前の座席にはピエラーと思われる人がいたのだけれど、振り付けが細やかで驚きました

とくに目の前の3人は動きがそろっていて、見ていて楽しかったです

 

私がいる場所からは、スクリーンを見るかステージを見るか悩ましいところでした

ステージの方をやはり見てしまいますが…たまにちらっとスクリーンを

PIERROTのときは目の前の3人も

しかし、会場全体でも動きがそろっていました

PIERROTの曲のメロディーは耳に残りやすい気がします

 

途中、銀テープが飛び散りました

ド派手な演出です

よくよく考えると初めて見たかもしれない…銀テープ

昨日はラスト?だったのかな

 

ラストナンバーが終わり、PIERROTのメンバーがステージ中央にかたまりメッセージを

DIR EN GREYにつなぐメッセージも

拍手が彼らを見送りました

 

ラストの曲も聞き覚えがありました

こちらもTVの特集であったかもです

 

30分間の休憩

売店は混みますね

私は他の自販機をあたりましたが、やはり10円のお釣り切れ

諦めました_(:3」z)_

 

f:id:rockn212:20170716202648j:image

f:id:rockn212:20170716202716j:image

f:id:rockn212:20170716202740j:image

2Fのフロアに飾られていました

 

時間も迫ってきたので席に座ります

そろそろ始まるぞ、という照明が消える前にみんな立ち上がり出しました

なんだか早い!と思いながらも一緒に立ち上がりました

待っていました!DIR EN GREY

照明が消え、スクリーンには映像が映し出されます

映像には追いかけられる男女?と追いかける人?たち…草原?だったっけな…

男の方が殺され、立ち止まる女はニヤリ…と笑い…

という感じだったような気がします

頭で変に記憶しているかもしれない

だいたいいつも記憶が吹っ飛んでいます

頭の記憶装置が止まっているんだと思います

 

PIERROTのファンもといピエラーもといキチガイは軍隊

DIR EN GREYのファンもとい虜もとい愛すべきクソったれどもはゲリラ隊

というのを目にしましたが、ちょっと納得しました

待っていましたという気持ちをぶつけます

 

一曲目はUn deux

この曲には強いメッセージが込められていると思います

 

アクロの丘、朔はやるかな?どうかな?

というところでしたが、やりました

アクロの丘での心地よさがたまらなかった

そのアクロの丘からのVINUSHKAへ、には驚きました

誰が予測できただろう

確かに、確かに今後なさそうだ

この流れ

会場からもまじかよっていう声が聞こえてきたような(気がする)

 

激しさと、この胸の中で絡み付いた灼熱の闇

は初日にもやったようだったので聴けないかなと思っていましたが本編のラストに

嬉しくてテンションがあがりまくりました

詩踏み

OBSCURE

audience KILLER LOOP

SUSTAIN THE UNTRUTH

THE FINAL

も初日にもやっていたようです

 

初日のINCONVENIENT IDEAL

ちょっと聴きたかったな

UROBOROSツアーでたくさん聴けましたが、しばらく聴けなさそうな曲

…といったらだいたいそうですが

この曲は心が救われます

 

一番印象に残っているのは

愛すべきクソったれども!…もそうですが

THE FINAL

からの

残!!!

(新しいバージョンの方です)

え!残!!まじか!!

と思い、そしてすさまじく格好よかった…!

しかも銀テープではなく、銀…

銀…銀吹雪!

 めちゃくちゃインパクトありました

びっくりしました

 

楽しい一夜を(本当は二夜だが)

ありがとうございました

 

 前日は自宅から見ましたが

この日も月が綺麗だったのを覚えています

 

 

追記

パンフはGALAXY BROAD SHOPで後日買うことができました!

映像の予約もせねば…